風景写真専門サイト【ネイチャーフォトマインド】 茨城県、奥日光、裏磐梯などの自然風景写真を展示中。

更新履歴

1月7日 今日の一枚を更新しました。

ご感想

作品に対するご感想などございましたら是非お聞かせ下さい。
LinkIconこちらのフォームからどうぞ

プロフィール

プロフィール

大塚 克之(おおつか かつゆき)
1968年茨城県水戸市生まれ。
主に自然風景写真を撮影しているが冬期には白鳥の撮影にも積極的。

撮影機材

道具を選ぶ時に特別なこだわりはない。
過酷な撮影現場でも撮りたい写真が残せればそれで良い。
つまり落としても濡らしても汚れても寒くても平気な顔で
動作すること、私が道具に求めるのはそれだけだ。

こだわりはないが使用している道具への愛着はある。
撮影中は手荒に扱うが撮影が終われば念入りにケアをする。
カメラマンとして道具をいたわるのは至極当然のことだ。

私は道具を新調するのを好まない。
新しい道具ほど使いづらいものはない。
こう撮りたければこうすれば良い、という自分の中の常識
が新入りには通用しないのである。新しい道具を意のまま
に操れるようになるには相当な年月が必要になる。

長い年月を経て手に馴染み、空想のイメージを写真として
残してくれる。そんな道具こそ相棒と呼ぶのに相応しい。

閲覧環境

  1. 表示解像度
    • モニターの表示解像度は1024×768以上でご覧下さい。
    • ※1280x1024ピクセル以上推奨
  1. Flash Player
    • 当サイトはギャラリーの表示などにFlashを使用しています。Flash Playerをお持ちでない場合はこちらよりダウンロードしてください。
  1. 対応ブラウザ
    • Windows
      • Internet Explorer 8
      • Internet Explorer 7
      • Firefox 3.6.7
      • Google Chrome 5
    • Macintosh
      • Safari 5
      • Safari 4
      • Firefox 3.6.7
      • Google Chrome 5

上記のブラウザ以外では、一部のレイアウトやデザインに崩れが生じる場合があります。

リンク希望の方へ

基本的にリンクフリーです。

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。
ブックマークはhttp://www.naturephotomind.comへお願いします。
相互リンクをご希望の場合はLinkIconこちらのフォームからご連絡下さい。

リンクバナーが必要でしたらこちらをお使い下さい
  ↓

リンクバナー88×31pixel

お知らせ

ブックマークはhttp://www.naturephotomind.comへお願いします。

音量にご注意下さい

・自動的にBGMが流れるページがありますので音量にご注意下さい。
・スピーカーのアイコンをクリックするとBGMが停止します。

お願い

・「今日の一枚」に掲載した作品は定期的にギャラリーに振り分けるか削除します。
・快適な表示速度を優先して、全ての展示画像に強い圧縮をかけております。
 そのため画質のクオリティーには物足りない面もありますがご了承下さいませ。

写真の正確な再現性について

WEBサイトによる写真閲覧はご覧になるPCの環境によって写真の見え方が
まるで違ってしまいます。
特に「Win」環境でご覧の方はまるで違う写真になっている可能性が高いです。
これはWEBで写真を見る場合、現時点では避けられない問題です。
大勢の方がお使いのブラウザである「IE」は「ver.9」でようやくカラープロファイルに
対応しました。8以前のバージョンではカラープロファイルを認識出来ません。
(Macの標準ブラウザである「safari」なら対応しているので安心です)
さらにモニターの性能や明るさ等の設定にも大きく影響されます。
※この問題は私のサイトを見る時だけの問題ではなくWEBでの共通の問題です。

下記のサイトでお使いのモニターの性能やカラーマネジメントのチェックが出来ます。
簡単にチェック出来ますので是非お試し頂いて、ご自分のPC環境がどのような状態か
把握されておくことをお勧めします。(目次の下からご覧下さい)

LinkIconここをクリックして下さい。

※このリンク先のサイトはネイチャーフォトマインドとは関係ありません。
 詳しく解説されているサイトなのでリンクさせて頂いております。
※サイト内の「ウェブカラーマネージメントチェック」と「ガンマカーブテスト」は使用
 出来ません。とばして次へお進み下さい。

白鳥写真専門サイト

私が風景の撮影と同様に取り組んでいるもの、それが白鳥の撮影です。ただ白鳥を追いかけるのではなく、写真集として見た時に物語を感じられるように心がけて撮影しています。そんな私の必撮入魂の写真集メモリーオブスワンをぜひご覧ください。

LinkIconメモリーオブスワンを見る